どこが良いか悩まない、レンタルサーバー選び。

ワードプレスを使ってHPを自作で作る時に必要になってくるのが、レンタルサーバーです。
レンタルサーバーはわかりやすく言うと土地みたいなものです。
ドメインという住所も借りる必要がありますが、最近はサーバー契約時にセットでもらえる事が多いです。

ただ、このレンタルサーバー数が多いです。
はじめてHPを作ろうとしている方にはどこが良いかわからないと思います。

そこで今回は筆者おすすめのレンタルサーバーをご紹介します。

目次

業歴が長く国内シェア1位のエックスサーバーがオススメ!

エックスサーバーHPより引用

エックスサーバー がオススメな理由

  1. 業歴が長く、国内シェアNo.1 → トラブルに強く、サポートも充実し、スペックも進化し続けている。
  2. サーバー速度が速い → HP閲覧時の読み込み速度が速いので、読み手がイライラしない。
  3. WPのインストールが簡単 → 初心者にも安心
  4. 定期的にキャンペーンをしている → 初期経費が抑えられる。
  5. ドメインを一つ無料で永年プレゼント → サーバー契約だけでHPアドレスがもらえる。

逆にデメリットは?

  • コスパ重視のサーバーに比べると費用が高い → ここで費用をけちると、閲覧時に時間のかかるサイトになります。
  • アダルト利用が出来ない → 運用に慣れて来て、他のサイトを運用しようとした時にアダルトな内容は禁止です。

費用はいくらかかるか?

初期費用

X10プランX20プランX30プラン
3,300円3,300円3,300円

月額料金

契約期間X10プランX20プランX30プラン
3ヶ月1,320円 → 1,056円2,640円 → 2,112円5,280円 → 4,224円
6ヶ月1,210円 → 968円2,420円 → 1,936円4,840円 → 3,872円
12ヶ月1,100円 → 880円2,200円 → 1,760円4,400円 → 3,520円
24ヶ月1,045円 → 836円2,090円 → 1,672円4,180円 → 3,344円
36ヶ月990円 → 792円1,980円 → 1,584円3,960円 → 3,168円
※2021/9/30 18:00 – 2021/10/14 18:00までのキャンペーン価格が適用されています。

鍼灸院などの施術所用で使う場合は、一番料金の安いX10プランで十分すぎる内容です。
現在はキャンペーンが適応されているので、3年契約だと月792円です。
1番高い3カ月契約で、キャンペーンが適応されてない場合でも1,320円です。
仮にHPから新規が1人来るとペイできる金額です。
ちなみにドメインも一つ無料でついてくるので、サーバー契約するとWPでのHPがすぐ作れます。

エックスサーバーHPより引用

筆者の場合はどこを契約してるか?

現在はエックスサーバーを契約しています。
運用し始めてから、7年以上経っていますが特に困った事はありません。
現実にこのHPもエックスサーバーで運用していますし、施術所のHPもエックスサーバーで運用しています。
月10人程度は自作HPから来てくれているので、ペイどころか黒字です笑

現在という事は過去は違うサーバーだった。

エックスサーバーと言えば、私がHPを作り始めたときは上級者向けのサーバーでした。
アクセス数が多く、何万人にも見られる人の為のサーバーというイメージです。

「素人が作ったHPにそんなに人は来ないだろう。」
「多少アクセススピードが遅くても問題ないだろう。」

そう思ってコスパ重視のサーバーにしていました。

当時コスパ重視のサーバーで困った事

  • WPの編集をしようにも重くて不便 → すごくイライラしました^^
  • WPを複数インストールできなかった → 無料のブログサイトを併用して乗り切っていました。

せっかく意気込んでWPでHPを作っていたのに、重くて中々思うように更新できない事で乗り換えを決意しました。
無料のブログサイトもよく規約を読むと、記事の著作権がブログサイト側にあったので自前で作りたかったんですよね。

ただ、一度作ったWPをほかのサーバーに引っ越すのは凄くめんどくさかったです。
あのめんどくさい作業を読者の方にはして欲しくないです。

勿論他にも良いサーバーはある。

筆者が上げたエックスサーバー以外にも勿論良いサーバーがあります。

サーバースペックなどを列挙して比較してもいいですが、どこが良いか迷うという事をして欲しくないので今回は割愛させて頂きます。
興味がある方はご自身で調べつつ、心行くまで吟味してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる