鍼灸治療って何をするの?

鍼灸治療ってどんな事をするの??

OMG0I9A9238280133641_TP_V文字通り、ハリを刺したり、おきゅうをすえたりします。

えー!?それって、痛そう・・・。熱そう・・・。

どちらかというとマイナスなイメージが強いんじゃないでしょうか?

今回は鍼灸治療がどういうものかに焦点を当てて書いてみます。

 

目次

ハリってどんな太さ?痛くないの?

鍼灸治療を受けた事がある方は、そこまで怖くないのかも知れませんが、

受けた事が無い人は中々怖いですよね?

鍼灸治療で使われるハリの太さは大体が髪の毛と同じ太さです。

注射で使われるハリと比べるとだいぶ太さが違います。

 

長さは様々ですが、一番細い0.10mm(02号)から01号、0号、1号と続き、OMG151007278990_TP_V

それぞれ0.02mmずつ太くなります。

一般的に使用されている太さは、0.34mm(10号)までです。

ちなみに注射はりだと、0.7~0.9mmが多いです。

倍以上違いますよね??

 

また、なるべく痛くなく刺せるように、

日本では専用の管を使ってハリを打つ管鍼法が開発されました。

中国から伝わったころには無かった技術です。

 

打たれる時の痛さは、チクッと感じる事もあるようですがほぼ無痛です。

術者の腕によります。

チクッと感じるのはあまりよくありませんね。

ただハリには独特の「響き(得気・とっき)」という物があります。

悪いところに当たった時にズーーーンと重い感じがします。

それが苦手な方もいるようですが、それが出なくてもハリは効果があるので、

心配な方は術者に伝えてみてください。

 

おきゅうって熱くないの?やけどはしないの??

おきゅうも現在は色々な種類があります。

直接肌にすえる方法から、間接的にすえる方法。

昔ながらのおきゅうは、やはり熱いですし、やけどもします。

それが適する人もいますが、適さない人もいます。

 

基本的には相手を診ながら行うのが鍼灸治療なので

嫌な事を無理強いをするという事は少ないと思います。

CMを見たことがある方は多いんじゃないでしょうか?

『せんねん灸』はやけどが残りにくく、

熱くて我慢できない場合はすぐにやめる事が出来ます。

他には薄くスライスした生姜の上にもぐさを置いて

間接的に暖める生姜灸なんてものや、にんにく灸なんてのもあります。

 

鍼灸師がおススメする鍼灸治療の受け方

鍼灸師である私が個人的におススメする鍼灸の受け方は、

『痛かったり、熱かったり不快な場合は我慢せず必ず術者に伝える!』です。

個人的にはハリは痛いほうが良く効く、

おきゅうは熱い方が良く聞くとは全く思いません。

 

何事にも適量があると思います。

術者はその適量を経験から察して治療を行うわけですが、

たまに間違う事もあります。

 

その際、我慢されるよりは素直に言って頂ける方が

術者は修正しやすいし、患者様も不快な思いをしなくて良いかと思います。

免許を持って施術をしている以上、ある程度は施術の幅があるので

痛い場合は、怖がらずに「痛いんじゃボケー」と伝えてみて下さいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる