流産させる鍼灸の技がある?効果があるからこそデメリットも伴う鍼灸施術。

妊婦さんに対する施術を行う事がある鍼灸。

171606

そんな鍼灸施術にもリスクはあるという事を今回は書こうと思います。

目次

妊婦さんが注意するべき鍼灸施術のリスク

妊婦さんが注意すべきリスクは何なのでしょうか?

一番大きいリスクは『流産』かと個人的には思います。

「体を良くしに行ってるのにそんなリスクがあるの??」と思うかもしれませんが、良い効果があるという事は逆に悪い効果もあると思います。

残念ながら都合の良い事ばかりではありません。

脅すわけでは無いんですが、しっかりとそのリスクを把握しておく方が良い結果が得られると思います。

鍼灸と副作用については過去に記事を書いていますのでご一読ください。

あわせて読みたい
【瞑眩反応】鍼灸治療に副作用はあるの?【針治療】
【瞑眩反応】鍼灸治療に副作用はあるの?【針治療】せっかく体を良くする為に鍼灸を受けたのに、逆に体がしんどくなっちゃった・・・こんな事あった方はいませんか!?私の治療院では気をつけていますが、正直な話たまー...

妊婦さんの施術に関してはコチラ↓

あわせて読みたい
妊娠してても鍼灸治療は受けられる??
妊娠してても鍼灸治療は受けられる??鍼灸院に良くあるお問い合わせとしては、『妊娠しているんですが治療を受けられますか?』という質問。今日は妊婦の方の治療について書こうと思います。【妊娠時の治療...

なぜ流産のリスクがあるの?

東洋医学の話になるので、少しフワッとした話になるかと思いますが、東洋医学では赤ちゃんは大きい気の塊と考えられます。

鍼灸施術は気の変調を診て施術します。

また気の過不足、変調を施術によりコントロールしようと試みます。

例えば逆子では、気を動かす作用のあるツボに施術してクルッと回そうとするわけです。

545898

もしその時に、気を動かす作用が強すぎるとどうなるでしょうか。

気が動きすぎて、回るだけじゃなくて下りてしまうという事も考えられるんです。

 

東洋医学だとフワッとしすぎるので西洋医学の考えで例を出してみましょう。

自律神経の働きに鍼灸施術で関与する事が出来ます。

痛みを伴うようなかなり強い刺激の鍼灸施術を行うと、自律神経の中の交感神経が強く働きます。

これにより血管が収縮して、子宮に行く血流が減る→赤ちゃんへの栄養不足や最悪流れるなどといったことが考えられます。

医科でもストレスなどは減らすように言われたりしませんか?

ストレスも交感神経を興奮させる一つの要因と言われています。

 

現実問題として、妊婦さんに痛みを伴うような強い刺激を行う施術所は無いと個人的には思います。思いたいです。しかし感受性は人それぞれです。

あの人には大丈夫だった刺激が、この人にはダメだったという事は多々あります。

実際の所、妊婦さんへの施術はすごい気を使う施術です。

リスクを避ける為に出来る事。

最近は、ネットでも簡単にXXに効くツボというのが検索出来るようになりました。

鍼灸師として思う事は、「自己判断で安易に試してほしくない。」という事です。

こう言ってしまうと鍼灸から遠ざかる人が多くなるかもしれませんが、もしそれで取返しになってしまうとソレこそ鍼灸が嫌われることになってしまうと思います。

上手く使えばツボも抜群の効果があります。

ただ、それはアナタの今の体質に合わせる必要があります。

安定期に入ってないうちに使うとマズいだろうなぁというツボが平気でネットに書かれていたりもします。

アナタと、大事なお子様を守るのはアナタしかいないんです。

1012814

少し手間かも知れませんが、お近くの鍼灸院に是非相談してみて下さい。

良い施術所を選ぶコツ

でも、鍼灸院なんて今まで行ったことが無いし、どういうとこに行けば良いかわからない・・・。

こういう方はかなり多いと思いますので、現役鍼灸師が思うオススメ鍼灸院の選び方を書きたいと思います。

親身になって話を聞いてくれる。

結局はこれにつきます。

いくら症例が多いという触れ込みがあったとしても、アナタという人を診てくれない施術所に行く必要はありません。

例えば逆子という症状だっとしても、原因は人によって違います。

171609

電話で問い合わせた時や、院を訪れて問診してもらう時に些細な悩みや不安について親身に聞いてくれる所を選んでください。アナタの事を知ろうとしてくれる施術所がオススメです。

ハッキリと断ってくれる施術所も良い施術所ですよ。自身の実力以上の物は見ないと断ってくれるわけですし。

助産師さんや助産師さんに聞いてみる。

妊婦さんの施術が得意な施術所は、助産師さんや保健師さんが把握している事があります。

もし聞ける機会があるなら一度聞いてみることをお勧めします。

保健師さんが患者さんで来院する鍼灸院も案外多いんですよ( ´∀`)b

まとめ

今回は少し脅してしまうような内容になったので、鍼灸って怖いんだ・・・と思われたかもしれません。

しかし医療にも同じように副作用があります。

なるべく良い側面だけ見ずに、自分にとって本当に良い物は何なのか?を取捨選択してもらえればと思います。

我々鍼灸師はアナタにとってベストの提案を出来るように日々努力しています。

一緒にお悩みを解決していければ幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる